2018年

10月

03日

暇を楽しむ方法

ひまを楽しむには、、いそがしいを重ねること!に限ります(*´▽`*)

 

毎日暇人には、ひまを楽しむことができません。

つまんない・・・になってしまいます。

 

わたしもたまに陥ります・・・

 

日々の業務もルーティーンになってしまい、

目新しさがない( ;∀;)

 

その結果毎日つまらなくなり、時間を無駄にしてしまいます。

 

これではもったいない!

 

空いている時間は、パソコンのスキルアップや、財テクババアを目指し、

勉強をしています。

 

ずっとパソコンにへばりついて、嫌になるまでなんかしら勉強しています。

 

限界が来たらスパッとやめて、ひまをとことん楽しむようにしています。

 

で、暇に対して飽きがでてきたらまた始める!

 

今は財テクとエクセルについて再勉強中です。

 

これがお菓子作りだったり、手芸だったり、DIY、料理とローテーションしています。

 

毎日ちゃんと生きているから、ゆったりタイムを満喫できるのだと思います。

 

遊びも仕事も勉強も飽きるまでやることは大切かも(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2018年

9月

29日

いそがしいのレベル上げ

いそがしいと感じるレベルは人それぞれだと思いますが、

どうもこの言葉を使うと、いろんなものを逃すように思います。

 

今月末、おかげさまで、仕事は単発回収の依頼もいただき、

そのなか、引っ越し&出張&日々の業務&月末締めをサクサク進めることが出来ました。

 

なんか忘れているような、そんな気分になりますが、

それでもだんだんと片付いていきます。

 

このさきこれ以上のいそがしさは、そうそうないと思います。

 

つまりはこの量の仕事はこなせる!ってことですね。

 

徐々に重しをあげる筋トレしているように、

こなせる仕事量が増えたような感じです。

 

数日つづいた頭のイライラが、スッキリしました(^◇^)

 

 

0 コメント

2018年

9月

02日

他人の丁寧な生活

最近の癒しは

丁寧に暮らしている方の書籍を読むことです。

 

やっぱこういう本は紙媒体が最高。

 

写真のよこに、コラムだったり

こだわっている生活の紹介だったり・・

写真眺めて、活字を読んで、

素敵な生活に思いをはせます。

 

物が置くても、丁寧に収納されて

使いやすそうなキッチン。

庭木で取れた果実をジャムやお菓子にしてみたり。。

手作り生活って素敵って思える本です。

 

身の回りが片付いていないときは

頭の中もぐちゃぐちゃになるか、思考停止に

陥ります。

 

なにか始めたいなら

まずはお部屋からきれいにしてみるのも

イイとおもいます。

 

まずは使っていない、読んでいない、

食べていない物たちから

片付けると、スッキリしまよ(*´▽`*)

 

 

 

 

 


0 コメント

2018年

8月

13日

消防団の事

 実家時代、消防団という言葉は知っていましたが、

どういう活動するのか・・まったく知りませんでした。。

 

団員は市民であり、いやいややっているものだと思っていましたが、

主人と一緒になってからは、消防団が身近になり、活動内容を知るたび

立派な人だなと思う事もありました。

 

なぜなら、出動要請がくると、夜中でも、スパッと起きて

パッと着替え、出かけていきます。

すぐ帰ってくることもあれば、何時間にわたって帰ってこないこともあります。

 

本職の消防のひとたちのフォローをしているようです。

 

本人は危なくないとは言いますが、やはり火事場に行くのは

家族としては不安があることです。

 

もうひとつ思う事は、なぜ普段も機敏に行動できないのか・・・

 

本人に聞いてみると、火災がおこるといち早くいかなきゃいけないと

義務感があるようです。

 

普段も会社の責任者なんだよなぁと思いながら、聞いておりましたが

 

こういう役割を担う人たちが多いからこそ、

火災や災害と人駆が必要なとき、助かる人もいるように思いました。

 

どうぞ皆様ご安全に、そしてありがとうと思いました。

 

 

 

0 コメント

2018年

7月

30日

読書感想文からの我慢比べ

ラブリーめいっこ7歳が、夏休みになってから泊まりに来ています!

 

帰る気配なし・・・帰る(・・?と聞くとぶんぶん顔を振り、帰らないと。。。

 

妹から課せられているミッションのうち1つ。

読書感想文を仕上げること!

 

きっと、妹もめんどくさかったに違いない。。。

 

私もめんどくさ|д゚)

 

めいっこに、

 

この本で面白かったとこ、よかったとこ、そこに付箋をはってねと。

 

わからないと答えます。

てか、めがうつろです・・・

完全にやる気がありません。

 

こんなことを昨日から繰り返します。

 

何かくの(・・?って、きき、どうやってかくの(・・?って聞きまくりです。

 

本人の口からなにか出てくるまで、徹底してインタビューです。

 

天井を見あげ、なにが(・・?なにが(・・?と聞きまくりです。

 

自分で考えてといっても、フテ~とし、なかなか進まない!

 

おばちゃんもいよいよブチ切れそうになりますが、我慢我慢です。

ママだったらとっくに怒られているのに。。。

 

今回決めているのは、手伝うけれどもなんかしら自分で書いてきた場合にすることです。

 

さてさて自分で書けるのか!!

 

 

 

0 コメント

2018年

6月

10日

おばちゃん日記-そういえば編-

ラブリー姪っ子7歳と5歳と1歳。

 

小さな子供ですが、ハッとさせられるような言動もあります。

子供というくくりで見てはいけないと改めておもいます。

 

ちょっと前、主人の知り合いの方に偶然あったのですが、

その方は主人が結婚したことを知らないようでした。

 

コンビニでしたが、姪っ子たちと私はお菓子を物色していて、

聞こえてしまうわけですよ。。。

話の内容が。。。。

 

主人が何年も前にお見合いパーティーのテレビ番組に参加したことがあり、

今更その話題をされているんです。。

そこでそのあと結婚したといえばいいのに、何もいわず、、

その番組でフラれたとか今更言ってて。。

 

こちらとしては、近くに私がいるんだから、はやく話を切り替えるなり

紹介というか、嫁と買い物中という事を言ってほしかったんです。

 

そのあと、私を妻というのが恥ずかしかったのね。といらぬことを考えたり。。

 

涙が出てきて、車の中で主人に文句を言ってしまった・・・

姪っ子いるのに・・・

 

意味なんて分からないだろうと思っていたら、、

 

上の姪っ子は、わたしの言いたいことを理解できていたみたい。。ママ&ばあばにリークしていたようです。

 

車中でのことをごめんねと姪っ子たちに謝ったら

 

5歳が「私はいいんだよ~」と返しがあり、さらに関心しました。

--------------------------------------------------------------------

今日、姪っ子たちはじいじとのお別れをしてきました。

 

私たちも夫婦でお別れに行ってきました。

 

とてもあかるくて、元気なころは嫁の姉である私までお宅に招いてくれたり、結婚の事よろこんでくれた妹の義理両親。縁という言葉をとても大切にされている家族です。

 

この子たちなりに、じいじとさようならしてました。

 

やさしさとか感謝とかそこだけは成長してもわすれないように

素敵な大人の女性になってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2018年

2月

26日

おぎないあう事

もともと違う家庭・違った環境で生活していた二人が

結婚で一緒に暮らすこと自体がムリゲーな話。

 

でも私たちはもうすぐ3年目です。

 

新婚さんいらっしゃ~いの出場資格ギリギリの期間、

長いようであっという間でした。

 

本ではお互い感謝することが円満の秘訣とかありますが、

私は漠然過ぎることで納得はできないのです。

 

会社の経営者となった主人には、

いままでとは物事のいいかたしかりなおしてもらいたいのです。

 

違うよ!ひとことですませていいことと、

いけないことがあります。

 

ほかのひととかかわらなくてはならないのが、経営者です。

 

従業員だったりお客様だったりそのほかいろいろと。

 

スタンスは聞くとこきかないとこ判断できるひとであってほしいのですが、

今までの経験からあんまりできていない人のような気がします。

 

私も狂犬のようなふるまいもしますが、、、

根は気弱・・・・

 

主人とだから一緒にいれるのかなと思っています。

 

ありがとう!での感謝ではないのですが、

主人が主人のような人で良かったと思って、

それを感謝ということにしておきます。

 

一方の主人は私の何がよかったのか、、

これがわからないから不安だったり、、

不安定になるのかもしれません。

 

まだまだ長い年月、ここで停滞しないで

夫婦関係、職場環境、並行して

レボリューションしていこう!

 

最近ほんと疲れた(+_+)

 

 

 

0 コメント

2018年

1月

11日

福袋の事

毎年、正月に楽しみにしていた福袋。

 

主人と暮らし、仕事を手伝い、三回目のお正月が終りましたが、

今年は福袋を1つしか買っていません。

 

日々捨てられているものを目の当たりにしていると、

冷静になる自分がいます。

 

雑貨の1万円福袋(中身3万円相当)など、大好きでしたが

結局2万円でも必要だったり欲しいものを選んで買う方がよいということに気が付きました。

 

むかし、小型のシュレッター・サラダスピルナーなどが入った雑貨福袋を購入しましたが、

結局何一つ使うことなく、押し入れを占領したのち、捨てたことがあります。

 

たしかに持ってない物が入っていると欲しくなりますが、

ハガキなどシュレッターにかけることをしていない人間が、

あるからといって、使いません。(永遠に・・・)

 

サラダも水切りはザルでしています。

 

今年は、タオルの福袋を購入しました。

すごく欲しかったわけではないけど、傷んできたタオルと交換しようと思います。

 

正月といったら、行列に並び福袋を買う!

なにも考えず本能だけで生活していたころは楽しかったなあ(+_+)

 

独身のころ、なんでも好きなものを買って楽しかったなあ(+_+)

 

物の大量廃棄現場、こういう世界をみてしまった今、

正月のひとつのお楽しみがなくなってしまいました・・・

 

でも主人と一緒になってから得たものと天秤にかけると

今の方が幸せなんだろうなと、気を取り直して、

ほんとにお得な福袋を見つけたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

11月

28日

心穏やかに生活が目標(*´▽`*)

よく、ずれているといわれることがあります。

 

私流ですが、経験上思っていることがあって、

何かに期待することは極力しないようにしています。

 

独り者のころは、飲み会やらお見合いパーティーやら優等生ばりに参加していましたが、

決して宴会好きなわけではありませんでした。

 

なんで参加していたかというと、この先一人じゃ寂しいから。

経済的には独立していたけど、精神的に独立していませんでした。。

 

自分をしっていない世界にでると、誤解を招かれたり、被害をこうむることもあります。

 

けど、自分の知らない場所に出なければ、

なにも切り開くことはできません。

 

現状を変えたいと思っているなら、自ら知らないところへ出ていかなければならないと思います。

 

信念を持っていても、腰は重い私です。

 

どうやってモチベーションをもっていくかというと、

 

例えば出会いの場へ行くならば、

どうせ私に興味をもってくれる人はいない・

声はかからない・

過去に人に言われて腹が立ったことなどまた起こる!

それで上等!!と気合をいれていくようにしていました。

 

すごくネガティブな気持ちをもって、それでもいいのさ!と気持ちを持っていくことで行動することで自分のみちをひろげました。

 

いつも肯定してくれる友達も、この話した人も、

(・・?(・・?(・・?といった感じになります・・・

 

こころから素直に人の中にはいれる人間になりたい。。

なんかゆったりした雰囲気の人になりたいものです。。

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

11月

13日

飛騨高山へ(^^♪

やっと念願の旅行に連れて行ってもらえました。

 

飛騨高山へ行くことが出来ました(^◇^)

 

飛騨高山といったら、合掌造りの建物です。

 

私は30年ぶりになります。

 

子供のころは大感動しましたが、

当時のような大きな感動はありませんでした。

 

2回目だからなのか、自分が冷めた心になったのか・・・

 

年を重ねるごとに、感動は少なくなりました。。

 

でも、もう一生土日で旅行には行けないものだと、思っていたので、

帰ってきた後満足感が出てきました。

 

数か月ぶりに土日休めて、せっかくの休みに飛騨まで車の運転を頑張った主人に、

改めてこの人と一緒になって自分がしあわせものなのだと思いました。

 

 


0 コメント

2017年

10月

02日

当たった

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

25日

お金の事

凄いタイトルをつけてしまいました・・

 

自分の価値はお金ではないと思いますが、

世の中はお金でまわっていることは確かです。

 

私も主人と出会う前は勤め人でした。

会社に勤めて10年以上。

その間何度か昇格があり昇給がありました。

ベースは、各々違うでしょうが、

その金額は私につけてくれた価値です。

 

いま私は主人が経営する会社で働いています。

 

主人は自分で給料を決めることができます。

トラックの入れ替え・人員整理等、主人のキャパを超える問題が全部主人に降りかかっているのです。

 

本日は長岡環境サービスの給料日です。

 

主人からお給料をいただきました。

主人のお給料も私に渡され、管理してほしいといわれています。

 

前より余裕がある生活ができ、

独身の頃のような自分が稼いだ感覚はなくなりましたが、

主人がそのころの私のような、まだ大変な思いをし稼いできてくれるのです。

 

忘れてはいけないことは、

ありがとうと思う事。

 

ありがとうには、反対語があります!

 

「あたりまえ」と思う事。

 

いろんなことを当たり前に思う人が、ありがとうという言葉を発しても

なにもうれしくありません。

 

これから何十年間も働き続けなければならない主人が、

苦労と引き換えにもらう対価(=給料)は、

大切にしていきたいです。

 

主人が働くのは当たり前ではありません。

 

会社を降りることも、閉めることも主人の自由です。

 

時間の融通がきくのはメリットですが、

労働基準法の範疇でない主人は、

1日何時間も拘束され、

ここまで20日以上お休みをしていません。

 

健康に気を付けて元気に働いてもらうことが、

私の役目なので、また野菜料理のレパートリーを増やそうと思います(^^♪

 

 

 

 

0 コメント

2017年

9月

18日

ラブリー姪っ子6歳から思うこと

6歳、幼稚園年長さんになった姪っ子。

 

大人の話にちょいちょい入ってきて、わかったような態度を示します。

 

かわいい(*´▽`*)

 

ここでふと考えたのが、まれに人の話を最後まで聞かないで、

自分の結論を語りだし、完結させてしまう困った大人は身近にいませんか?

 

私もそういう時は反論しないけど、まただよ・・と思い、心がもやもや・イライラします。

 

大事な話ではないときはどうでもいいのでしょうが、

話をする気も失せてしまいます。

 

返事をするときも疲れてきたときの対処法。

 

その人をラブリー姪っ子甥っ子と脳内で変換(笑)

 

姪っ子のおしゃまな回答にはほほえましく、

フフフと笑っていられます。

 

可愛いし、こっちは大人であるという余裕からでしょうか。

 

相手と対等だと思うから腹が立つのだと思いました(´・ω・`)

 

さて本日も頑張ります!

 

 

0 コメント

2017年

8月

09日

いつまでもあると思うな親と金と時間#2

今日は時間について思っていることを書き留めます。

 

昔、山Pと長澤まさみだったと思いますが、

プロポーズ大作戦という?のドラマのファンでした。

 

セリフに明日やろうは馬鹿野郎というフレーズがあり、

主人公は、幼馴染に思いを伝えられないまま時が過ぎ、

幼馴染の結婚式を迎えるというストーリーでして、

ドラマならではのトンでも設定で、

三上ひろしが演じる天使が、後悔ばかりしている主人公の時を戻してやり直させてあげという内容でした。

 

私はそういう面で、後悔はしたことがないのですが、

主人の時間の使い方について思うところがあります。

 

例えば急に入る、5分くらいで済む作業を後回しにする・・

急ぎでなければやらないで、催促されるまでやらない姿勢に本当にイライラします。

 

たしかに、今やっていることが優先でも、5分で済むことは先に済ますのが

私流です。

そのほうが、リフレッシュになるのと、のちに控えることを少なくすることがストレスを軽減してくれるように思います。

 

ひとそれぞれ違うのでしょうが、

必ず言い訳をして忘れたことをごまかそうとする姿勢がいやなのです。

 

目先のことをやらない人は、長期的にやらないといけないことなどを一生やらないっていうのが私の持論です。

 

でもそういう人だから、私とあうというのもわかるので、

主人のスケジュール管理・補佐を頑張ろうと思います!

 

 

 

 

0 コメント

2017年

8月

02日

いつまでもあると思うな親と金と時間

主人と一緒になってから、いろいろ思うところがあります。

 

他人との生活は、譲るとこは譲るに限ります。

もちろん譲る部分が損をするときは徹底して戦うまでです。

 

自分の育った家庭は、主に母が強かったのですが、

いま色々と振り返ると母は素晴らしい女性だったのだなと思います。

 

お金の価値がわかるようになってから、父の収入で、

家を建て、私は私立の大学進学で上京までしています。

これは、ほんとに尊敬にあたいします。

 

食べるものは毎回無駄を出さず、痛みが早い食材を料理に組み込み、

残り物はアレンジしたり、次の食事に回す。1汁3菜以上の食事でした。

肉と魚は交互に食卓にあがり、毎日同じものではありません。

突然のメニュー変更もなんのそのです。こま切れ肉は、無限のアレンジが利くのも

子供ながらに日々教えられてきました。

 

主人はおぼちゃま気質があり、無駄をみてみぬふりをするようなタイプです。

同じものを100均だからと買い、自宅にも在庫があるのに、さらに買う!

見ててイライラ(+_+)

しかも、カーテンクリップとか、大工用品とか、普段使わない物を買うのです。

2年ほど一緒にいますが、話をしてもだめだめだらけでした。

 

そんな主人ですが、私が一生懸命、無駄にしないとこれだけの余裕が生まれることを、

結果として見せました。現金として見せること。

言ってもダメな人間には、なにか結果を見せるに尽きます!

 

私の母は、ケチと節約についてポリシーがあるようです。

”節約は美徳、ケチは汚いもの、見栄はくだらないもの”

子供のころから教えられてきました。

 

世の中お金のなる木は存在しないと思います。

あったとしても、枯れない保証もない。

ほんとにあったとしても、その木も誰かのもの・・・自分の物にならない。

 

主人の経営手腕に、他人の生活がかかり、また自分の生活もかかっています。

横で見ていられるのは、安心のようで心配でもあり、

数字が苦手な主人のサポートを頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

7月

17日

引き寄せること

今日は傾向を変えた記事です(^◇^)

 

今まで自分の願いがかなう事の多い人生でした。

大きなことから小さなことまで、とても幸せなことだと思います。

 

ポイントは、勘違いすることです。

妄想(笑)のようなかなり具体的なイメージ。

願いが叶うように投資(時間・お金)をすること。

ストイックであること。

人に願望の内容と、実現のためにしていることを話すこと!

 

読書が趣味で、最近引き寄せのパワーについて書かれた本が出版されています。

美しい道端姉妹も実践しているとか。。

 

私は子供のころから実践できていたのでしょうか。

 

私は懸賞運が良い!

願いは大概叶う!

独身時代には、主人のような(やさしさ第一主義)人といつか出会える!

 

運が落ちてきたなと感じることもあります。

そんなときは、人間すべてツイテルことばかりではないと気持ちをクールダウンします。

 

でもあきらめず、方向転換することです。

 

結婚してから、とんと懸賞があたらなくなってきました。

 

主人と出会えたから、きっと懸賞運がなくなったのだと思い、

懸賞で物を手に入れなくても、買ってもらいなさいよってことなのかなと考えていましたが、やっぱり米やら調味料やら洗剤など欲しいのです!

 

今まで、懸賞はがきには必須項目以外なにも書いていません。

感想なし・デコレーションははがきのふちに蛍光ペンで縁取りをして

シールがあった場合無造作に張り付けるだけで、8割の懸賞に当たっていました。

 

米もお菓子も洗剤も、金券や現金までも(^^♪

クオカード・図書券に至っては数えきれないほど当たっています。

 

きっと努力すれば、また懸賞運が復活するのかなと思っています。

がんばってハガキをきれいに美しく書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント