家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界 H29.6.2

家電リサイクルの現状を知りたくて!

家電リサイクル法

 家電4品目(冷蔵庫-冷凍庫含・エアコン・洗濯機-乾燥機含、テレビ)を

処分する場合、リサイクル料金を排出者が支払う家電リサイクル法があります。

排出者が、自身で電器屋等に、処分を依頼します。

 最終的に、家電はそれぞれのメーカーに返却され、リサイクルされているのです。

言葉ではわかっていても、返却後どのように処理されているのか・・・

知りませんでした。

家電リサイクルが創る、出会いと驚きの世界 行ってみた!

 三菱電機主催のイベントに行ってきました。

 

 全国で年間1100万台のテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機が処分されているそうです!

 

 三菱電機では、2つの大規模工場を稼働し、技術向上に努め、再生プラスチックリサイクル率を5%から70%まで大幅に向上させたそうで、素晴らしい企業努力ですね(^^♪

 

では、どのような手順でリサイクルされているのか、ざっと書きます!

 

リサイクル手順

①手解体 (解体しやすい単一部品の回収)

②機械による破砕

 

ミキサーみたいな機械で小さくする。


③磁力により鉄の回収

④アルミ・銅の選別

⑤金属の抜かれたものをさらに、細かく破砕

⑥微破砕を水に浮かせて、軽いプラ素材を

選別

⑦静電気によりさらに選別

 


⑧X線により、有害物質臭素を取り除く

⑨白色プラスチックを取り出す


⑩プラスチック微破砕を、粒状に(ペレット化)

 


こうして、再生プラスチック素材を作り、新たな家電の素材として、生まれ変わらせているのです!

 

どのような商品に生まれ変わるのか(・・?

三菱電機では、エアコン(霧ヶ峰)

掃除機・冷蔵庫・クッキングヒーター・食洗器・除湿器の一部に、再生プラスチックを利用しているようです!


家電リサイクルが、アートと融合(*´▽`*)

今回のイベントは、皆が家電リサイクルに興味を持つように、

素敵なアートとも見どころです!

解体のシャンデリア

工業デザイナーの川本さんが、デザインをしたオブジェ、

家電の解体の様子を表現しています(^^♪素敵です

 


そのほかに、映像による、再生プラスチックができるまでの工程を、

和太鼓・イラスト・風により表現していたコーナーも壮大です(*´▽`*)

 

最後に

我が家には、三菱電機の家電は冷蔵庫だけしかありません。

 

でもこんなに素敵なアイデアで、家電リサイクルを表現し、魅せてくれた三菱電機さんの

家電新製品も楽しみです!

 

きっと話題の新製品を生んでいくのだろうなと思いながら、帰路につきました(^◇^)